自宅でコールドプレスジュースが作れる!

野菜や果物の色を決める色素成分はファイトケミカルと呼ばれ最近では抗酸化力の高さから健康増進に有益と注目されています。酸化しにくいので栄養素もしっかり採れ健康美を求める人には最高のジュースです

未分類

ららぽーと磐田 映画 応援 上映

投稿日:

江戸城の本丸御殿はいまぼくらがその広さを体感できる二条城二の丸御殿や、(復元ですが)名古屋城本丸御殿と比べても巨大すぎるので、大名たちは登城の際に御殿内で迷子にならないように各部屋の間取りが記された見取り図を持ち歩いていたそうです。 神奈川県西部地区から伊豆地区に点在する江戸城築城石石丁場を紹介。江戸城築城石石丁場之覚ホームページに掲載する情報のTOPICSや探索情報、新発見情報、動画などを掲載いたします。 江戸城(えどじょう)は、武蔵国 豊嶋郡 江戸(現在の東京都 千代田区 千代田)にあった日本の城である。. 江戸城にいらしたことありますか?城郭ライターの萩原さちこさんが、皇居東御苑を中心に江戸城の中心部(内郭)の特徴と現在見学することができるみどころを紹介! さて「旧江戸城写真帖」の現状は、厚い台紙2枚を横に貼りつないで4頁の独立した丁とし、全部で16丁、64頁を重ねる。そして各頁に1枚ずつ四つ切り判の焼付写真を貼りつける。中には構図を整えるためか天地左右をわずかに切り調えられたものもある。 「内田九一の江戸城新発見写真」展は、休止中です。 コロナ流行による東京都の外出自粛令を尊重して、3月末よりお休みしております。 状況を見て再開したいと思ってますので、今暫しお待ちください。 江城(こうじょう)および千代田城(ちよだじょう)が別名として知られているが、江戸時代に広く一般に用いられたのは「江城」であったという。 当時の写真も残るものの、白黒なのでよくわからない。 二の丸 中ノ門と、本丸 中雀門との間の坂道。お城らしく、直線ではなく180度曲がって本丸へ入るような道筋となる。 >> 江戸城 [5/6] へ続く。<< 訪問時期:2014年6月 – – – – – – – – 139 likes. 江戸城の本丸3月15日から29日まで東京・神田駿河台の画廊「シェイクスピア・ギャラリー」にて「内田九一の江戸城新発見写真」展が開催。取り壊し前の江戸城の姿を写真で見る事が出来る。非常に貴重な機会。開催時間は限定的で、土日祝日は正午から午後6 この「旧江戸城写真帖」は当時の太政官の役人(少史)であった蜷川式胤(1835−82年)が写真師・横山松三郎と絵師・高橋由一の協力を得て、明治4年(1871)に作製した旧江戸城の記録写真集である。写真術は19世紀後半にヨーロッパで発明されたが、初期のダゲレオタイプやカロタイプなどの技法は撮影と現像に手間のかかるものであり、かつ再現性に乏しかった。それに比べて、「旧江戸城写真帖」は湿式コロジオン法といわれる撮影技法を用いられており、その特性は、感光能力に優れ、取り扱いも簡便であった。印画紙は鶏卵紙(文字通りの鶏卵を用いる)で、画像が鮮明で保存性もよいので広く用いられた。この写真帖でも第31図「本丸重箱櫓中ノ渡門図」の左端下方に型押し(エンボス)された「No68BFKRives」によってフランス製の鶏卵紙を用いていることがわかる。写真技術および関連の製品の製造にかけては当時フランスが先進国であったのである。さて「旧江戸城写真帖」の現状は、厚い台紙2枚を横に貼りつないで4頁の独立した丁とし、全部で16丁、64頁を重ねる。そして各頁に1枚ずつ四つ切り判の焼付写真を貼りつける。中には構図を整えるためか天地左右をわずかに切り調えられたものもある。これらの台紙全体をくるむように厚紙の上に一部革を張ったクロス張りの表紙をつけ、アルバムにする。当時このような製本・製版の技術は日本にはなく、このアルバム帖の状態で輸入され、台紙の枚数に合わせて写真を貼り付けたものと思われる。写真には、蜷川により第1図から第64図まで墨と思われる筆跡で順番が記入されている。場面の順番は、江戸城中心部から周辺の各見附に向かっており、主要な建物や場所については蜷川の同筆で画面上に注記されている。全写真には高橋由一により淡彩(顔料による水彩)が施されている。現在は、横山が写し取った画像の輪郭はかなり失われ、この着色によって場面の判別が可能であるといえる状態である。また見返しの表と裏には「東京之図」「東京城図」の地図2枚が糊付けされており、後者には「明治四年辛未写生之 蜷川式胤」の款記と「宮道(蜷川の旧姓)式胤」の単廓朱方印が捺されている。「旧江戸城写真帖」が制作された経緯は、見返しに付された蜷川の太政官への伺書控によって知られる。それによると「破壊ニ不相至内、写真ニテ其ノ形況ヲ留置」ことは「後世ニ至リ亦博覧ノ一種」になるという。つまり本写真帖の製作は、当初から対象が文化財(当時の観念では博物といってもよい)として認識されており、その記録に写真をいち早く採り入れたことで、写真史上のみならず近代文化財保護の原点ともいえる点で貴重であるとして重要文化財に指定された。「旧江戸城写真帖」の制作を経験した蜷川、横山、高橋らは、翌明治5年に奈良や京都の古社寺と正倉院の宝物調査を行い(干支にちなんで壬申検査という)、多数の記録写真を残した。写真による記録保存の方法が文化財保護に対して有効であることが示されたといえよう。2000.06.27(平成12.06.27)指定。. なぜ、江戸城には天守が残っていないのでしょうか? 空襲で焼けてしまった? 明治維新でなくなった? 実は、3代将軍家光の没後、家綱が4代将軍になって数年たった1657年の明暦の大火によって消失して以来、再建されていないのです。正直なところ、ちょっと意外な感じがしませんか。 1857年日本で最初に写真に写された大名といえば薩摩の島津斉彬公。非常に好奇心旺盛で自ら写真も撮影していました。洋学にもいち早く興味をしめし、藩主就任とともに富国強兵に努め、開国を強く主張していましたが、京都上洛の前に死去しています。 「江戸城大奥御年寄"瀧山"遺品展」が2月12日・13日11時~15時に、宝珠山錫杖寺(川口市本町2の4の37)で開かれます。川口市教育委員会・川口市郷土史会が主催。 江戸城大奥御年寄"瀧山"の子孫である瀧山宜宏さんと、菩提寺の錫杖寺の協力により、"瀧山"の遺品を初公開。 江戸城の歴史. 江戸時代の写真を多数紹介します。美人と名高い女性たちの写真や彩色された武士の写真など、当時も現代と変わらない「人」が生きていたんだと感じさせてくれます。当時の人々の生活を垣間見てみま … 今回は、江戸城プラモデルの写真を紹介することとします。幻のお城の姿は、香川元太郎氏などの著名なイラストレーターによる再現、CGでの再現、もちろん模型による再現もあるところです。 家康の江戸城〔慶長期江戸城〕 この徳川系の天守は下見板を使わず白漆喰の総塗籠の「白亜の天守」であった。 下見板は耐水性の面で白漆喰より優れていた。白漆喰は10年から20年ぐらいしかもたない。耐 江戸城(えどじょう)は、武蔵国豊嶋郡江戸(現在の東京都千代田区千代田)にあった日本の城である。, 江城(こうじょう)および千代田城(ちよだじょう)が別名として知られているが、江戸時代に広く一般に用いられたのは「江城」であったという。, 江戸城は麹町台地の東端に、扇谷上杉氏の家臣太田道灌が築いた平山城である。近世に徳川氏によって段階的に改修された結果、総構周囲約4里[2]と、日本最大の面積の城郭になった[3]。, 徳川家康が江戸城に入城した後は徳川家の居城となり、江戸幕府(徳川幕府)が開幕すると、大規模な拡張工事が、特に慶長期のおよそ10年の間に集中的に行われ、またその後も2度ほど拡張工事が行われ、日本の他の城とは比較にならないほどに最大で最強の城となり、およそ300年ほどの間、幕府の政庁、15代におよぶ徳川将軍およびその家臣団が政務を行う場所となった。将軍は江戸城内に住み、将軍の家族女性らが住む大奥も設けられた。将軍の補佐役の老中やその下の若年寄などは月番制つまり月替わり制でそれぞれ数名が担当し、江戸城周辺の屋敷から日々登城(出勤)した[4]。江戸城に出勤する役方と呼ばれる人々は老中や若年寄以外にも目付・奉行・小姓等々もいた。また江戸城には番方と呼ばれる警護・警備の仕事をする人々も必要で、一日を3分割して3交代制で勤務した。それらを合算すると日中の江戸城には五千人ほどの男性が常駐していたと推算され、さらに大奥には約一千名ほどの婦女子がいたと推算されるので、時間帯により人の出入りや増減はあるにせよ日中は六千名ほどが江戸城内にいたと推算される[5]。, 江戸末期、徳川幕府の側としてはいくつかの選択肢の中に難攻不落の江戸城を用いて徹底的に薩長と闘うという選択肢もあり、それを望んでいた幕臣も多かった。が、幕臣の勝海舟と薩摩の西郷隆盛が愛宕山から大江戸市中を見渡しながら会談して江戸を戦火で包んでしまうのは避けようと話し合ったと言われ[6][7]、江戸の街と江戸に住む人々の命を重んじた結果、戦(いくさ)のための城としては使われぬまま江戸城の無血開城が行われ、徳川家の人々は江戸城から退出し、その代わりに薩長の人々が入り、京から天皇が江戸に行幸した折の居所「皇居」となり短期間だが東京城と改名され[8]、その後は皇居、宮城(きゅうじょう)として使われている。以後は吹上庭園が御所、旧江戸城西ノ丸が宮殿の敷地となっている。その東側にある江戸城の中心部であった天守閣・本丸・二ノ丸・三ノ丸の跡一帯は皇居東御苑として開放されている。南東側の皇居外苑と北側の北の丸公園は常時開放され、それらの外側は一般に利用できる土地になっている。, 江戸(東京)の地に最初に根拠地を置いた武家は江戸重継である。平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての江戸氏の居館が、後の本丸・二ノ丸辺りの台地上に置かれていたとされる[注 1]。, 15世紀の関東の騒乱で江戸氏が没落したのち、扇谷上杉氏の上杉持朝の家臣である太田道灌が、享徳の乱に際して康正3年(1457年)に江戸城を築城した。徳川幕府の公文書である『徳川実紀』ではこれが江戸城のはじめとされる。, 道灌当時の江戸城については、正宗龍統の『江戸城静勝軒詩序并江亭記等写』や万里集九の『梅花無尽蔵』によってある程度までは推測できる。それによれば、「子城」「中城」「外城」の三重構造となっており、周囲を切岸や水堀が巡らせて門や橋で結んでいたとされる(「子城」は本丸の漢語表現とされる)。『江戸城静勝軒詩序并江亭記等写』によれば道灌は本丸に静勝軒と呼ばれる居宅を設け、背後に閣を築いたという。『梅花無尽蔵』は江戸城の北側に菅原道真が祀られて梅林があったことが記されている[注 2]。, 道灌が上杉定正に殺害された後、江戸城は上杉氏の所有するところ(江戸城の乱)となり、上杉朝良が隠居城として用いた。ついで大永4年(1524年)、扇谷上杉氏を破った後北条氏の北条氏綱の支配下に入る。江戸城の南には品川湊があり、更にその南には六浦(金沢)を経て鎌倉に至る水陸交通路があったとされていることから、関東内陸部から古利根川・元荒川・隅田川(当時は入間川の下流)を経て品川・鎌倉(更に外洋)に向かうための交通路の掌握のために重要な役割を果たしたと考えられている。, 天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原攻め(小田原征伐)の際に開城。秀吉によって後北条氏旧領の関八州を与えられた徳川家康が、同年8月朔日(1590年8月30日)、駿府(静岡)から江戸に入った[注 3]。一般に言われる話では、そこには、道灌による築城から時を経て荒れ果てた江戸城があり、茅葺の家が100軒ばかり大手門の北寄りにあった、とされる。城の東には低地があり街区の町割をしたならば10町足らず、しかも海水がさしこむ茅原であった。西南の台地はススキ等の野原がどこまでも続き武蔵野につらなった。城の南は日比谷の入り江で、沖合に点々と砂州があらわれていたという[注 4]。, 最後に万治3年(1660年)より神田川御茶ノ水の拡幅工事が行なわれ、一連の天下普請は終了する。, 本丸・二ノ丸・三ノ丸に加え、西ノ丸・西ノ丸下・吹上・北ノ丸の周囲16kmにおよぶ区画を本城とし、現在の千代田区と港区・新宿区の境に一部が残る外堀と、駿河台を掘削して造った神田川とを総構えとする大城郭に発展した。その地積は本丸は10万5000余町歩、西ノ丸は8万1000町歩、吹上御苑は10万3000余町歩、内濠の周囲は40町、外濠の周囲は73町となり、城上に20基の櫓、5重の天守を設けた。, 本丸と西ノ丸が独立している、一城別郭の形式である。武蔵野台地の東端にある地形を活用しており、特に山の手側は谷戸を基に濠を穿ったので曲面の多い構造をしている。逆に下町は埋立地なので、直線的に区画された水路や街並みを見ることができる。, 石垣を多く見ることができるが、これらは天下普請の時にはるばる伊豆半島から切り出され船で送られたものである[注 5]。それまでは他の関東の城と同じく土塁のみの城であった。関東で石垣を多用した近世城郭は江戸城と小田原城しかない。それでも外郭や西ノ丸、吹上などは土塁が用いられているが、特に吹上の土塁は雄大である。, 太田道灌築城以降の象徴的建物は、静勝軒という寄棟造の多重の御殿建築(3重とも)で、江戸時代に佐倉城へ銅櫓として移築されたが、明治維新後に解体された。佐倉城の銅櫓は二重櫓で2重目屋根が方形造で錣屋根のようになっていた。, 徳川家康の改築以降、本丸の天守は慶長度(1607年)・元和度(1623年)・寛永度(1638年)と3度築かれている。どの天守も鯱や破風の飾り板を金の延板で飾っていた[注 7]。, 明暦3年(1657年)の明暦の大火によって寛永度天守が焼失した後、直ちに再建が計画され、現在も残る御影石の天守台が加賀藩主の前田綱紀によって築かれた(高さは6間に縮小)。計画図も作成されたが、幕閣の重鎮であった保科正之の「天守は織田信長が岐阜城に築いたのが始まりであって、城の守りには必要ではない」という意見により、江戸市街の復興を優先する方針となって中止された[注 8]。のちに新井白石らによって再建が計画され、図面や模型の作成も行われたが、これも実現しなかった。以後は、本丸の富士見櫓を実質の天守としていた。, また、これ以降、諸藩では再建も含め天守の建造を控えるようになり、事実上の天守であっても「御三階櫓」と称するなど遠慮の姿勢を示すようになる。, 御殿は本丸・二ノ丸・西ノ丸・三ノ丸御殿がある。この内、三ノ丸御殿は元文年間に廃絶された。本丸御殿は将軍居住・政務・儀礼の場として江戸城の中心的な役割を持ち、二ノ丸御殿は将軍別邸や隠居した将軍の側室が晩年に過ごす場所として、西ノ丸御殿は隠居した将軍や世継の御殿として用いた。, 本丸御殿は表・中奥・大奥が南から北にこの順で存在する。表は将軍謁見や諸役人の執務場、中奥は将軍の生活空間であるが、政務もここで行った。大奥は将軍の夫人や女中が生活する空間である。大奥は表や中奥とは銅塀で遮られ、一本(後に二本)の廊下でのみ行き来ができた。, 将軍の御殿としての最初の本丸御殿は1606年(慶長11年)に完成、その後1622年(元和8年)、1637年(寛永14年)(同16年焼失)、同17年(明暦の大火で焼失)、1659年(万治2年)(1844年(天保15年)焼失[14])、1845年(弘化2年)(1859年(安政6年)焼失)、1860年(万延元年)(1863年(文久3年)焼失)と再建・焼失を繰り返した。文久の焼失以降は本丸御殿は再建されずに、機能を西ノ丸御殿に移した。, 1636年(寛永13年)に最初に建てられた御殿は小堀遠州の手によるもので、表向の機能が省略された極めて遊興性の高いものであった。南西にある築山を背後に有し白鳥濠と繋がる池の中には能舞台(水舞台)があり、対岸の畔にある御座や濠に突き出た釣殿から観覧することができた。中央は御殿群があり、東側にも池や築山、池の中島にある御亭や御茶屋・御囲・学問所や御文庫があった。, しかしこの御殿は5年後には早くも取り壊され、1643年(寛永20年)には本丸御殿を簡略化した御殿が完成する。この御殿も明暦の大火で焼失し、越谷別殿を移築している。この後も1704年(宝永元年)、1760年(宝暦10年)に工事や再建が行なわれたが、1867年(慶応3年)に焼失してその歴史を終えることになる。, 本丸御殿と同じく、表・中奥・大奥としきられ、おもな部屋をあげれば、遠侍・殿上間・虎間・大広間・大廊下・溜間・白木書院・帝鑑の間・連歌の間・山吹間・菊間・雁間・竹間・芙蓉間・中間・桔梗間・焼火間・躑躅間・柳間・梅竹間・檜間・蘇鉄間などがある。, 御殿や櫓などは1634年(寛永11年)、1852年(嘉永5年)、1863年(文久3年)の三度にわたって焼失した。1868年(明治元年)4月、朝廷に明け渡された当時の殿舎は4度目の建築であった。, 明治天皇が入城した後は天皇の住まい「皇城」となり、1869年にはオーストリア・ハンガリー帝国使節団を迎え、天皇との謁見の場としても利用された。当時の使節団は、皇城の詳細な見取り図を作成して本国へ伝えている。皇城は、1873年(明治6年)5月5日に焼失した[16]。守備は西丸小姓組が行った。その後、1888年(明治21年)明治宮殿が建設された。, 江戸城は幾度にも渡る火災によって焼失し、現存する伏見櫓・富士見櫓・巽櫓なども大正期の関東大震災の際に損壊した後、解体して復元されたものであるため、櫓の構造などを考察するにあたっては、明治初頭に撮影された写真や絵図、指図、文献などが用いられている。, 幕末まで現存していた二之丸の蓮池巽三重櫓、蓮池二重櫓の二棟は明治初年に接続する箪笥多聞櫓の火災が延焼し焼失した。, 江戸城の櫓は櫓門も含め、白漆喰塗籠壁(寛永度天守除く)に、幕紋の足利二つ引を現す2本の長押形を施し、破風・妻壁には銅板を青海波模様に張っていた。初重に出張を設けて石落としとしているものが多い。これらの特徴の一部は、幕府が関与した二条城や小田原城などの城郭にも施された。, 初重平面6間×7間か7間×8間を標準的な規模として、大坂城や名古屋城にも同様に用いた。1871年(明治4年)に記された『観古図説』には、二重櫓の初重平面規模は最小で4間四方(書院出二重櫓)、最大で8間×9間(乾二重櫓)、三重櫓は6間×7間から8間×7間のものが記されている[17]。, 多聞櫓は嘗ては本丸・二ノ丸の殆どを囲っていたが、時代を経るごとに本丸西側では塀へと置き換わっていった。, 太線は幕末まで現存した櫓(この内、現存するのは富士見三重櫓、巽二重櫓、伏見二重櫓)、斜線は1863年(文久3年)に焼失した櫓、またここに記載されている櫓が一時期に全て存在した事はない。, 虎口は、一の門である高麗門と二の門の櫓門で構成される。大坂城や名古屋城の様な枡形の三方を櫓門・多聞櫓で囲んだ型式は江戸城には少なく、完全なのが下乗門、不完全なものが北桔橋門にあるだけである。, 櫓門は桁行は15間から20間、梁間が4間から5間ほどのものが建てられ、最大では、桁行25間(赤坂門・芝口見附新橋門)のものもあったが、享保9年(1724年)以降は24間×5間(下乗門)のものが最大となった。ちなみに、最小規模は4間×2間(山下門)である[17]。, 江戸城には警備要員の詰所として多くの番所があったが、現在残るのは下の三棟のみである。大番所は中之門の奥に、百人番所と同心番所は下乗門の奥と外にあり、それぞれの門を守っていた[注 15]。, 現在、桜田門、田安門、清水門(以上は、国の重要文化財に指定されている)が遺構として現存している。, 徳川家康1603-1605 | 徳川秀忠1605-1623 | 徳川家光1623-1651 | 徳川家綱1651-1680 | 徳川綱吉1680-1709 | 徳川家宣1709-1712 | 徳川家継1713-1716 | 徳川吉宗1716-1745 | 徳川家重1745-1760 | 徳川家治1760-1786 | 徳川家斉1787-1837 | 徳川家慶1837-1853 | 徳川家定1853-1858 | 徳川家茂1858-1866 | 徳川慶喜1867-1868, 従来、徳川家康入部前の江戸が寂れていて寒村のようであったとされてきたが、実際には荒川や入間川などの関東平野一帯の河川物流と東京湾の湾内物流の結節点としてある程度は栄えていたとされる。また、なんらかの戦略的・経済的な価値がなければ、徳川氏もそこを本拠に選ばなかったはずである。また、柴裕之は小田原攻め中に秀吉が江戸城に自らの御座所を設ける構想を示したとする文書(『富岡文書』)の存在を指摘し、秀吉が関東・奥羽統治の拠点として江戸城を高く評価していたとする指摘をしている, なお宮上案に従えば、三代の天守は壁面・瓦の材質・破風の配置などを除けば、基本的に同じ規模・構造をしていた。, 多大な支出ばかりが嵩んでいた幕府財政の「近年中のさらなる悪化・破綻が予想された」ためとの説がある。, その名残として、天守曲輪に当たる御休息(数寄屋、富士見)多聞櫓の北側から石室(西側二重櫓跡)までの本丸の石垣は現在も他より一段高くなっている。, ただし金澤案は『愚子見記』の、三浦案は『愚子見記』『当代記』双方の記述内容に矛盾する。, 後に二ノ丸東照宮として移転。また、『津軽家古図』には最上階上々段に東照宮があったと記載されている。, 御殿の門なども含んだ数。主要な門57棟の内、櫓門は45棟。更に枡形を構成しているのはおよそ39棟。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=江戸城&oldid=80914720, 二重目…「15間×13間」 桁行16間1尺×梁間24間、柱数155本(内、一重目より三重目まで通し柱13本), 三重目…「12間×10間」 桁行13間2尺5寸×梁間11間1尺5寸、柱数127本(内、三重目より四重目まで通し柱32本), 四重目…「10間×8間」 桁行10間5尺×梁間8間4尺、柱数75本(内、四重目より五重目まで通し柱9本), また、関東大震災で倒壊後、最初は内部はコンクリート造り、後に木造で復元された富士見櫓、伏見櫓・多聞櫓、桜田巽櫓や、同心番所、百人番所、大番所なども、宮内庁管理のため重要文化財などには指定されていないが現存する。, 江戸城障壁画下絵(狩野晴川院筆、東京国立博物館蔵)は、弘化度本丸御殿再建の際に描かれた障壁画の下絵集であり、御殿平面図と併せることで幕末期の御殿の内装を知ることを可能にした。これにより松の廊下の再現も可能となった。, 宮内庁は、設計・製作費約5000万円、展示室建築費約5400万円の計約1億400万円と約2年間の期間をかけて、寛永度天守の1/30スケールの復元模型を製作した. 江戸城とは徳川幕府(江戸幕府)の象徴とも言える江戸城(えど-じょう)。広大な西の丸には、現在「皇居」がある。そもそも、江戸城は扇谷上杉氏の重臣・太田道灌が築いたとされる。 2020/05/22 - Pinterest で Kaz さんのボード「江戸」を見てみましょう。。「日本の城, 江戸, 古写真」のアイデアをもっと見てみましょう。 江戸城築城石石丁場之覚. 国指定重要文化財 「旧江戸城写真ガラス原板」 特別公開! このたび当館では開館20周年を記念して、貴重な“写された江戸城”に関する資料で、国指定重要文化財ともなっている「旧江戸城写真ガラス原板」の一部を特別公開します。 江戸城は徳川家康が政権の中心とした城で三代将軍家光の時代に完成した。現在は、一部が皇居となり一般参賀で見学する以外は立ち入ることはできないが、本丸、二の丸、三の丸、北の丸、外郭の遺構の多くは一般公開されている。 2020/11/10 - Pinterest で Hamajima さんのボード「江戸」を見てみましょう。。「古写真, 古い写真, 江戸城 写真」のアイデアをもっと見てみましょう。

佐藤健 上 白石 萌 音 目撃情報, 岡山 トリミング 人気, Iphone 写真 削除 Icloud 減らない, Au Sim 返却しない, アナと雪の女王 25 ヶ国語 顔 だし, まい ば すけ っ と 計算問題, ジブリ 音楽 楽譜, ターミネーター2 動画 Pandora, ニトリ カーテン 返品 たたみ方, Ikea ダイニングチェア おすすめ, 成猫 ケージ 慣れさせる, Iphone Ipad アプリ 同期させない, 扶養に入らない バイト 東京, あつ森 果物 リセマラ, 木工教室 東京 子供, ダイナマイト歌詞 Bts カタカナ, 東日本大震災 死者 年齢別, Android Vlc ローカルネットワーク 設定, ごぶごぶ 動画 ロッチ,

-未分類

Copyright© 自宅でコールドプレスジュースが作れる! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.